スポンサーサイト

--/-- [--] --:--:--

スポンサードリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサードリンク

YKKのファスナーは地球62週分

07/26 [Tue] 16:15:50

スポンサードリンク

ファスナーといったら電車の中で開いてて恥ずかしい「社会の窓」でおなじみですが、いや「YKK」がダントツで有名ですが、そのYKKのファスナー年間生産量は地球62週分にもなるんだそうです。距離にすると250万キロ。地球から月までの距離でみても約3往復分。年間でこの長さなら今までの総生産された距離はどのくらいになるんでしょう?YKKという会社がファスナーを作り始めたのは71年前の1934年(昭和9年)らしいので、単純計算だと1億7750万キロ。地球から火星まで届く距離ですよ。だからどうしたって言われたらそれまでなんですが、なんかすごいです。それとYKKの「水密・気密ファスナー」が青函トンネルや世界最長の吊り橋・明石海峡大橋に使われているそうです。青函トンネル内のコンクリートのつなぎ目や、漏水用の樋にたまる堆積物(バクテリアの死骸)の清掃のために作られた開閉部に使われています。明石海峡大橋では、降雨を流すゴム製の排水部に採用。こちらは秒速60メートルの突風で橋の中央部は水平に2メートルもしなるという極限状況下でも耐え得る優れものなんだそうです。ちなみに「YKK」の社名の由来は吉田工業株式会社」の英語表記の「Yosida Kogyo Kabushikigaisha」の頭文字です。


スポンサードリンク

 Comments

title | pedal (URL)
そんな長いッスねぇ、火星までの距離っていうのはすごいッス。ykkの由来は友達に話しまくるッス('~')ケケケ
at 2005/07/27 [Wed] 01:54:05#- [ 編集 ]
 | D.K (URL)
地味にすごい会社だよね。YKKって。
トリビアに送れば「銀の脳」くらいくれないかね。
at 2005/07/27 [Wed] 03:33:55#- [ 編集 ]

 Post a comment

 

  
   

   Pass:  管理者only

 Trackbacks

このエントリーへのトラックバックURL
アクセスランキング あわせて読みたいブログパーツ
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。